私


気象予報士試験に合格された方の合格記を読んでいてこちらの参考書を知りました。
今回は「気象予報士簡単かんたん合格ガイド」について検証します。

気象予報士かんたん合格ガイドの特徴

この本は著者の財目かおりさんが、気象予報士試験の勉強をされていた際にまとめた実技試験対策用のノートが基本になっていて、それに学科試験の重要ポイントを盛り込んだ内容になっています。

この参考書はこれから気象予報士試験に向けて勉強する方よりは、ある程度勉強が進んでから手にした方が良いなと私は感じました。

実技試験対策用のノートがもとになっているので、学科試験の内容の詳しい解説はありません。

学科試験の勉強を一通り終え、実技試験の勉強に入る前に読むのが良いのではと思いました。

他の参考書とは一味違った内容になっています。
特に実技試験のコツやヒントが多く記載されているので、実技試験の勉強をこれから始める方、もしくは実技試験の勉強がうまく進んでない方は一読する価値があると思います!

第1章 学科試験をクリアしよう

冒頭の「上手なスタートを切るために」では効率的な勉強方法について書かれてあります。

私はここからヒントを得て、勉強法を改善しました。

今までの無計画な勉強の仕方がいかに効率が悪かったのかと反省しました。

そういう意味では、この冒頭は気象予報士試験の勉強開始時期に読むのが良かったのかもしれません。

次に項目別の押さえどころ 学科一般・学科専門の内容になります。

ここが他の参考書とは違うこの参考書の特徴です。

文系だった財目さんが苦労した観点から難しい式などは使わずにイメージとして内容をつかんで理解するという内容です。

これを読むと中々覚えられなかった事や、とりあえず暗記はしたが良く理解していなかった内容がストンと頭に入ってきました。

今まで勉強した内容の確認と再理解として大変役に立ちました。

所々過去問の掲載があらますが、正解のみが書いてあって解説は一切ありません!

分からなければ他の参考書で詳しく勉強してくださいっというスタンスでしょうか!?

そう言った意味でも、勉強初期よりある程度勉強が進んでから手にした方が良いと思います。

あくまでもメインの参考書があって、ヒントを得る為の補助的な参考書という感じでとらえた方が良いです。
学科試験の勉強はこの参考書でヒントを得ながら他の参考書でしっかり勉強しましょう。

第2章 実技試験クリアを目指して

まず暗記しなくてはならないけど、中々覚えられない雲形の記号を分かりやすく解説してあります。形にちゃんと意味があるので、意味を理解すれば暗記もしやすい。これには目からうろこでした。

同様に現在天気についてのルールの解説があります。

続いて、天気図の見方のコツが書かれています。これって中々他では得られない情報でとても参考になり、私も実践しております。

また現象別のポイントまとめも今までの勉強の理解度をチェックするのに大変役立ちます。

この章では実技試験の基礎知識を徹底して学べます。

第3章 合格を確実にする力をつよう!

合格を確実にするためのコツが書かれています。
いくつかのテクニックや、的確な解答をするためのパターンや型が紹介されています。

覚えなければならないキーワードも多数紹介されていています。

第4章 あと1点で泣かないために

試験直前の対策や注意、当日の心構えが書かれています。
持ち物や、試験の実践的なテクニックの紹介がされています。

こういった情報って他の参考書には載ってないのではないかと思います。受験生だった財目さんが書いたからこそのアドバイスだと思います。

まとめ

「気象予報士かんたん合格ノート」は他の参考書とは全く別の視点で書かれている実技試験に特化した参考書です。

学科試験の重要ポイントなども載っていますが、この参考書をかんたんに合格出来るなら!っと学科試験の勉強の為に購入すると、ちょっと期待外れな内容かなと思います。

ある程度勉強が進んでいる方が手に取るのに適した参考書です。

実技試験のコツやテクニックが多数紹介されていますので、特に独学で勉強されている方には本当にオススメな1冊です。

他の参考書では得られない情報がいっぱい得られますよ。