私

気象予報士試験合格者の方の体験記から勉強方法のヒントをもらいましょう!今回はYさん(20代男性)の体験記です。

指さし男性

はじめまして! 第48回気象予報士試験で合格しました。 気象予報士を目指したきっかけから勉強方法などを合格体験記として紹介させていただきます。

プロフィールと受験を決めたきっかけ

第48回気象予報士試験で合格しました。20代男性です。

もともと自然科学に興味があり大学でも理学系を専攻、今後も長く科学と付き合っていきたい、そしてそれを仕事として活かせられるようにしたい、ということで気象予報士試験を受けようと思いました。

受験記録としては

第46回で初受験、そのときは学科試験合格・実技試験不合格という結果でした。

続く第47回ではまさかの受験申込期間を過ぎてしまい未受験。

そして第48回で実技試験に合格して無事気象予報士になりました。

1回目の受験

第46回気象予報士試験に向けて勉強をし始めたのが試験日の約3か月前です。だいたい1日2・3時間のペースで進め、受験直前には、学科は受かると思いながら挑みました。しかし実技試験に着手したのは試験の1か月前くらいでしたので全体として受かるかどうかは半々かなといった感覚でした。

そして受験当日、学科は問題ありませんでしたが朝から続く試験に途中から集中力が落ちてきたのを覚えています。

そして予想通り学科合格、実技不合格という結果になりました。

ですが特に悲観はせず、このまま次実技だけに集中すれば受かるだろうとポジティブに考えていました。

2回目の受験

1回目の受験後まったく勉強に手は付けず、申し込んでから再開しようと決めていました。しかし気づいた頃には申込期間を過ぎ、学科試験合格の特典が利用できるチャンスはその次で最後になってしまいました・・・。

そして最初の受験から1年後、しっかりと申し込みをして実技試験に向けて勉強を再開しました。最初の頃はブランクを言い訳に、自己採点による得点率の低さもあまり気にしていませんでしたが、なかなか安定して良い点数が取れず徐々に焦りも出てきました。

あまりお金はかけまいと1年前に買った1冊のテキストのみで勉強していましたが、1か月ほど前になって別の問題集を購入、本腰を入れて勉強するようになっていきます。最終的に自分の中の合格率としては7割程度で本番を迎えました。

試験当日は実技試験からなので昼から会場入り、道中、真夏の暑さにやられながらスーパーでパンとお茶を買って食べたのを覚えています。

実技試験だけにその日の集中力を使えたのでしっかりと問題を解くことができ、結果合格を勝ち取りました。

勉強方法

購入した本は以下ですべてです。

・らくらく突破 気象予報士かんたん合格テキスト「一般知識」

・らくらく突破 気象予報士かんたん合格テキスト「専門知識」

・らくらく突破 気象予報士かんたん合格テキスト「実技」

・気象予報士試験 精選問題集

・気象予報士実技試験 徹底解説と演習例題

・BLUE BACKS 気象学入門

・一般気象学

ほとんど「らくらく突破」シリーズと「精選問題集」を使って勉強、2回目の受験で「徹底解説と演習例題」を購入しています。

一番大切にしたのは

一番大切にしたのはモチベーションでした。一般知識・専門知識・実技のどれを勉強する場合でも、まずはモチベーションを上げて勉強することを意識していました。楽しんで勉強すること、集中して勉強することを心がけていました。

そのため、気象予報士試験で最初にした勉強はネットで色んなことを検索するということでした。気象に関する色んな知識をスピーディーに取り入れることができ、かつ、テキストとは違って能動的に情報を探しに行くため勉強をしんどいと感じることはありませんでした。ブルーバックスを購入したのも同様です。本屋でたまたま見つけておもしろそうだったので3回は読みました。

テキストに入ってからも面白くないところは適当に読み流して、集中力が切れたと感じたらすぐに勉強をやめていました。

一般知識・専門知識については「らくらく突破」テキストの読み流しを3回ほど、あとは「精選問題集」をすべての問題を覚えてしまうくらいには解きました。

実技試験については部分点がどの程度許容されるのか分からなかったので、最終的には邪道ながら(?)セリフを覚えるように記述問題を暗記していきました。思考を止めて丸暗記するのは好きではありませんが、文句なく得点するには模範解答を覚えるのが一番無難だと思い試験1週間前からは暗記に徹しました。

これから受験する方へのメッセージ

気象予報士試験に限らず、勉強の際にはテキストを読むより問題を多く解くことが重要だと言われています。

特に実技対策では解説の詳しいもの、解答パターンが複数用意されているものを問題集として使うと良いでしょう。また2回目で全部合格を狙って、1回目は学科、2回目は実技に集中するというのも戦略としては良いかもしれません。この場合1回実技で失敗してももう一度実技に絞った試験対策ができます。

私

試験3か月前から勉強をはじめて学科試験2科目合格とは大変優秀な方ですね。
楽しんで勉強をすることを大事にされていたとのこと。私は勉強が苦痛になってくる事もたまにあります・・・。                     私も楽しんで、集中して勉強をすること心がけてみます!!Yさんありがとうございました。